メキシコの新型コロナワクチン状況

メキシコのニュース

メキシコからこんにちは。薫です。

世界の状況が新型コロナによって大きく変わってから、早いもので1年以上経ちましたね。その間、医療関係者の方たちの懸命の働きによって、ようやくワクチンも多くの国に入ってくるようになりました。

メキシコの新型コロナウイルスワクチン状況

メキシコでもワクチン接種が開始されています。3月29日現在で700万回の接種が実施され、ワクチン接種により新型コロナへの抗体を獲得した方々は、85万人強に達しています。

メキシコも他の国と変わらず、医療従事者、教育者、60歳以上の高齢者から接種が始まっています。

現在までに新型コロナウイルスによる死者数は累計で20万1826人、3月29日までの24時間以内の新規の感染者数は全国で1292人、累計感染者数は220万人強、回復者数は、176万人強となっています。

3月30日にアメリカ製薬会社のファイザー製ワクチンが48万7500回投与分、ベルギーのブリュッセルより空輸でメキシコシティの国際空港へ届きました。

テキサス州の新型コロナウイルスの状況

新型コロナ禍でもマスクの使用義務を撤廃して3週間がたったお隣さんですが、今日から18歳以上の成人であれば誰でも新型コロナワクチンの接種が可能になったそうです。

マスク使用義務を撤廃しても、この3週間の新規感染者は下がり続けているとのことです。

こちらでは、人口の40%をも占めるラテン系住民のワクチン接種率が23%と白人系住民に比べると低いことがニュースとなっています。

 

 

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。