メキシコサンペドロ市HEBでの発砲事件

img_1831.jpg

メキシコからこんにちは。

薫です。

先日、6月29日にサンペドロ市のバジェオリエンテのHEBで起こった発砲について、気になっている方が多いようですので、情報をアップします。

一部の報道によりますと、麻薬関連のもめごとが原因で発砲があり、1名が負傷しました。

その後、警察は詳しい調査を行うと言っておりますが、多分、調査結果は公表されないと思います。

その理由は、この発砲事件にかかわった人物が政治家の息子だからです。

負傷者の名前は、ハビエル・カルデナス・ダビラ23歳で、サンタ・バルバラ地域の住人です。タマウリパス州の政治家グスタボ・ハビエル・カルデナスの息子です。

 

この事件の逮捕者は次の通りです。

1.ギジェルモ・マデロ・スエック 20歳  ロマス・カンペストレの住人

2.アドリアン・ガルシア・ゴンサレス 22歳 ビクトリア市出身

3.フェルナンド・トレビーニョ・フェリックス 19歳 サンペドロ市住人

4.マウリシオ・フローレス・レゴレッタ 19歳 サンペドロ市住人

5. 負傷したハビエル・カルデナス・ダビラ

 

この事件が起こる前に、テキサスナンバーのRANGE ROVER怪しい車がHEB敷地内にいると警備に連絡が入っているとのことです。

後に、このRANGE ROVERはハビエル・カルデナス・ダビラが運転していたことがわかっています。

 

さて、この事件の異常性ですがほぼ20歳前後の若者ばかりなのに、高級車(もう一台は防弾仕様のスブルバン)での打ち合いになっていることです。

昔からサンペドロ市は一番簡単に麻薬が入る地域ですので、こういったことが起こっても不思議ではないですし、政治家と犯罪組織のつながりは公にはならないものの、こちらも昔からしっかりとつながりがあると言われています。

きっと、麻薬の売買で揉めたんでしょうね。

政治家の息子が絡んでいる以上、その後の報道はないと思っていただく方が良いですね。

いずれにしろ、日本人にとってはまーったく関係ない話で、私たちの生活に影響が出るようなことはありませんが、発砲時の流れ弾だけには当たることは避けたいので、聞こえたらすぐに伏せるようにしましょうね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る