メキシコ各地・猛暑終了宣言

メキシコからこんにちは。
薫です。

 

アエロメヒコ航空の墜落事件ですが、昨日の時点でブラックボックスは損傷が激しいため、アメリカへ送って取り出し、解析を行うことに決まったそうです。

 

重症のパイロットは、背骨を損傷し回復までに1年間のリハビリを必要とするとのことです。

 

さて、7月23日から26日に警報が出ていたメキシコ各地の猛暑ですが、気象庁から終息宣言が出ました。

 

猛暑警報の対象になっていたのは、メキシコ全国で18州、496の市町村で、主に影響があった市町村は、ユカタン半島で、メリダなどの98市町村、サンクリストバルデラスカサスなどがあるチアパス州で、72市町村。

 

その他、ソノラ州とベラクルス州でした。ヌエボレオン州も含まれておりましたが、モンテレイやサンペドロは対象外だったようです。

 

それにしても7月終わりは本当に暑かったですよね。

 

メキシコはまだまだ本格的な夏が継続しますので、乾燥していると思ってもこまめに水分補給して熱中症を防ぎましょうね。

 

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る