アメリカとの国境閉鎖継続へ

NEWS

メキシコからこんにちは

薫です。

6月15日までの新型コロナウイルス状況

6月15日までの累計陽性者は、154,863人です。

24時間以内の新たな新型コロナウイルス陽性者は4,599人、死者は新たに730人と記録されました。回復者は116,178人で累計患者総数の75.01%です。

メキシコ州別患者数累計推移グラフ

現在の陽性患者数(累計者から回復者を引いたもの)

メキシコ国内累計死者数マップ

患者数の多い地域リスト(人数)

1.- プエブラ市(プエブラ州):826

2.- イスタパラパ (メキシコシティ):669

3.- グスタボ A. マデロ (メキシコシティ):611

4.- レオン市(グアナファト州): 520

5.-セントロ地区(タバスコ州): 478

累計患者数の多い地域(人数)

1.- イスタパラパ (メキシコシティ): 6,849

2.- グスタボ A. マデロ (メキシコシティ):5,008

3.- メヒカリ市(バハ・カリフォルニア州): 3,864

4.- プエブラ市(プエブラ州): 3,748

5.- セントロ地区(タバスコ州): 3,487

死亡者が多い地域(人数)

1.- イスタパラパ (メキシコシティ): 828

2.- ティファナ市(バハ・カリフォルニア州): 780

3.-グスタボ A. マデロ (メキシコシティ): 753

4.-メヒカリ市(バハ・カリフォルニア州): 655

5.-クリアカン市(シナロア州): 437

■6州に患者の50%が集中

現在の患者数が多い州や都市は、メキシコシティ、メキシコ州、タバスコ州、ハリスコ州、グアナファト州、ベラクルス州の6州です。

この6州に全国の患者数の50%が集中しています。その人数は、21,159人です。

グアナファト州は日本人在住者も多いので心配ですね。

元記事

ヌエボレオン州の状況

前日比 新規感染者+224人、死亡者+14人、回復者+102人(累計3,758人で累計感染者数の72%)となっています。

NL州記者会見

連邦政府統計による公式感染者数は2,884人で国内第16位

州の独自統計では、感染者は5,399人で全国8位に上昇しています。

○入院患者は現在のところ合計339人です。(内訳:感染確定者:165人、検査結果待ち:174人)

自宅療養者の比率が76%、入院者が24%となっています。

感染者 入院患者
感染者 死亡者 確定者 検査結果待ち
0〜10歳 120 0 1 3
11〜18歳 148 0 3 4
19〜24歳 547 1 9 2
25〜44歳 2510 22 43 63
45〜59歳 1384 69 52 54
60歳以上 690 118 57 48

○感染者の男女比は、男性が55%、女性が45%で変化ありません。

■ヌエボレオン州・市町村別死者数

死亡者の男女比(円グラフの紫が男性、黄色が女性)と死亡者の居住場所別となっています。

■アメリカとの国境閉鎖延長へ

メキシコとアメリカとの国境閉鎖が続いていますが、閉鎖は30日延長され7月21日までは、3月21日から継続して同じ扱いを適用するとのことです。

なかなかアメリカに行けませんね。不要不急の入国はお断りとのことなので、遊びにいけるのはしばらく先になりそうです。

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。