メキシコ医療従事者の感染25%ほど

BLOG

メキシコからこんにちは

薫です。

5月11日までの新型コロナウイルス状況

5月11日までの累計陽性者は、36,327人です。24時間以内の新たな新型コロナウイルス陽性者は1,305人、死者は108人、回復者18,748人(51.6%)となりました。

メキシコ州別患者数累計推移グラフ

現在の陽性患者数(累計者から回復者を引いたもの)

患者数の多い地域リスト(人数)

1.- イスタパラパ (メキシコシティ): 529

2.- グスタボ A. マデロ (メキシコシティ):348

3.- セントロ地区 (タバスコ州): 307

4.- ベラクルス市(ベラクルス州):202

5.-Nezahualcóyotl (カタカナにしづらいのでそのまま。メキシコ州): 194

累計患者数の多い地域(人数)

1.- イスタパラパ (メキシコシティ): 1963

2.- グスタボ A. マデロ (メキシコシティ): 1296

3.- ティファナ市(バハ・カリフォルニア):1265

4.- セントロ地区 (タバスコ州): 1027

5.- メヒカリ市(バハ・カリフォルニア):937

メキシコ国内累計死者数マップ

元記事

メキシコ国内・医療従事者の感染状況

メキシコ国内の医療従事者(公立施設の方々)の感染状況が明確になってきました。

現在のところ、医療従事者の新型コロナウイルスへの感染者数は、8,544人、この14日間で2,147人の感染が確認されています。死者数は111人となっています。

この14日間の感染者数と接触があり、検査中の人数は6,747人です。

8,544人のうち、41%は看護師、37%が医師、その他が病院関係者となっています。

元記事

メキシコ国内感染ピーク状況

メキシコ国内でも感染者数のばらつきは大きいですが、ピークがまだ到達していない州は、プエブラ州、トラスカラ州と予想されています。

一方で、ピークに到達し感染カーブが緩やかなものに変化してきたのがビジャエルモッサ市、カンクン市、クリアカン市、ティファナ市です。

また、記事には書かれていませんが、ニュースではモンテレイ市とグアダラハラ市は独自の感染状況であり、ピークはまだ相当先だろうと見解を出していました。

元記事

メキシコ新型コロナ死亡者詳細

新型コロナウイルス感染者の死亡率は現在のところ9.2%です。

死亡された方のうち、基礎疾患との関連ですが、高血圧(42%)、糖尿病(39%)、肥満(29%)、喫煙者(9.2%)となっています。

メキシコは感染者の割合から死亡率が高いと言われていますが、基礎疾患を患っている人の割合が高いので、自然な流れかと思います。

元記事

ヌエボレオン州の状況

前日比 新規感染者+22人、死亡者0、回復者数+13人。

ヌエボレオン州のピーク予想

全国区ニュースでヌエボレオン州のピークについて、他州とは違うという話が出ており、まだ増加の一途をたどっている状況ですが、8月第3週に収束が予想されているとのことです。

一応、5月30日で「ソーシャルディスタンス」は、このままいけば終了する予定です。

元記事

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。