自己防衛による殺人が州刑法で合法化

ピストル

メキシコからこんにちは。
薫です。

モンテレイの治安は、2016年に比べると2017年は悪化傾向にあるとローカルニュースでは、取り上げられています。

私が住んでいるエリアは、運が良いのか悪いのか、交通の便が良すぎてほかの街に抜ける幹線道路の近くにあるものですから、犯罪がちらほらあります。そして、日本人が多いサンペドロ市では、空き巣が増えているようですね。

数年前にサンペドロ市で幅を利かせていた窃盗団は、コロンビアからの窃盗集団で、成功を感謝するため教会で祈りをささげていたところを御用になっていました。なんだか滑稽な結末でしたが、日本人が多く住むサンペドロ市は、ラテンアメリカでも屈指の経済的に豊かで有名な街です。

メキシコ人の間では、犯罪組織が隠れるには絶好の場所だといわれているようで、隣人が組織的犯罪集団のトップであることも驚きではありませんし、モンテレイがまだ平和で、家の鍵をかけなくてもなんともなかった時から、サンペドロ市の教会やスーパーではそれ関連の殺人がありました。

豊かな分、犯罪者にも目を付けられているところですので、十分気を付けてください。

さて、今回は、5月29日にモンテレイ市やサンペドロ市があるヌエボレオン州の州議会で”自己防衛のための襲撃、または殺人は合法である。”という文が、ヌエボレオン州刑法第17条に付け加えることが可決されました。これについては、限定的に”自宅や会社に侵入してきた不審者に対し、”とされているようです。

私が以前被害に遭ったようなピストルによる路上での強盗については、言及されていないようです。

この可決は、メキシコ国内でも法的には初の試みなので、これがどう市民の生活に影響するかはわかりませんが、空き巣などの窃盗を減らす目的なのでしょうか?

まだ、2日前に州議会で承認されたばかりですので、詳細はご自身の弁護士に内容をご確認ください。

とはいえ、日本人が巻き込まれることはあるのか、どうかですが?うーーーん。ふっと、巻き込まれそうな状況は思いつきませんが、すぐそばで銃声が聞こえたら911に通報することぐらいですかね? 

ちなみに、銃声は映画のそれとはまったく違う乾いたものです。どちらかというと、車のエンジンが故障してくすぶってプスっといっているようなそんな音です。短銃であればさらに軽い音です。

ついでに、メキシコでは銃の所持は合法か?と、聞かれることがあるのですが、違法です。
しかし、簡単に手に入ります。購入場所は、メキシコではなくアメリカです。アメリカでも正規ルートではなく国境近くで開かれる蚤の市みたいなところだそうです。

まぁ、慣れていない人が銃は撃ったところで、そう簡単に命中するものでもないですし、案外難しいですもんね。

と、いうわけで強盗に入られても、抵抗しないというのが一番ですが、先月はモンテレイ市内では、夜中に強盗に入り母親と中学生の娘が強姦されるという悲しい事件も発生しています。

身の守り方は、どうすべきか考えものですね。

昔は、あれだけ安全で、みんながフレンドリーで、素敵な街だったのに。。。と思うと、現状はちょっと悲しいです。

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る