アメリカで私書箱借りてみました

img_3661.jpg

メキシコからこんにちは。
薫です。

久々に工場現場に出ました。約1年ぶりかしら。去年は体調不良に苦しみ、仕事らしい仕事はせずほぼ自宅におりました

通訳能力も退化しているかも。と心配になり、仕事開始前の一週間は、記憶力の特訓をしておりました。

通る声を出す発声練習も再開です。おかげさまで無事終了しました。

一旦、仕事が始まると緊張で熟睡できないので、終わるとどっと疲れが出ますね。

さて、私がメキシコに来た約20年前から郵便局のEMSサービスは、そう改善されていません。日本から届くものはすべて一旦は、メキシコシティの空港から入国になり、そこで税関チェックを受けます。

その際に、大げさに没収ということや、メキシコシティ空港まで関税払いに来い。と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

私は一度、化粧水を購入してみたら「液体」というだけで化粧水代の半分ぐらいの関税をかけられた経験があります。

と、いうわけで、一度試しにテキサス州のマッカーレンで私書箱を借りてみました。
年間契約料:200ドル
保管料は、購入金額の1%。今回は、たったの5ドルでした。

メキシコへの関税は、全て中古品なので無料でした。




写真のように試しで日本からのものをいろいろ買ってみました。日本の梱包はすんごく丁寧なんで、これだけ買ってもハッチバックの車のトランクに収まりました。

私たちが契約したところは、保管期間は商品到着後1か月は1%。その後は追加料金が発生します。

マッカーレンまでは、車で2時間+国境わたるのに1時間ほどです。レイノサは危険というイメージがあって、私も行くのはちょっとビクビク。でしたが、特に何もありませんでした。レイノサ市は緊急事態発生時にはツイッターでアラートを出しています。

アカウントは、Reynosa Ayuntamiento(レイノサ市役所)で @reyayuntamiento です。

ツイッターフォローして安全確認というのも手ですよね。

 

そうして、何年ぶりだろう?7年ぶりぐらいに行ったマッカーレン。マッカーレンから少し北上した町には、おしゃれなカフェ系レストランが増えていて、野菜中心のヘルシーな食事もできました。

 

アウトレットのメルセデスは、ブランド品がいろいろあります。私は主にお洋服を目当てに行きます。こちらは、質のいい服が正規価格の半額ほどで手に入ります。サイズもアメリカで売れ残ったものばかりなんで、日本人に合うSとかXSとかで品残りがあります。

 

確実に日本からの小包を受け取りたい方にはお勧めです。
では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る