メキシコ人も認識なのね。

 

メキシコからこんにちは!

薫です。

 

 

先日、登記所である雑誌を見つけました。

INFO7という有名なニュースチャンネルがあるのですが、

そこが編集した雑誌でした。

どこで販売しているのか、新聞の一部に入っているのか、初めて見たのですが、

待っている間にぱらぱらめくっていくとこんな記事が。

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が書かれているかというと、

国の発展は何に起因するものか。というタイトルです。

面白そうだなぁ。とおもい、読んでみると、

日本の例が。。。

先進国である日本は、メキシコに比べると

国土は5分の1ほど小さい、資源は少ない、

それなのに世界でも指折りの先進国になっている。

 

それでは、一体メキシコとは何が違うのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道徳観念

整頓と清掃

責任感

仕事への情熱

法律の順守 などなど

メキシコをこれから発展させるためには

自分たちの態度を変えるべきだ、

先進国、特にメキシコよりも資源を持っていなくとも

これだけ発展している日本をお手本に国を変えよう。

と、いう内容でした。

 

ごもっとも。メキシコは本当に多くの可能性を秘めている国。

メキシコ人も人が発展の妨げになっていることを知っているのに

どちらかというと国への諦めの気持ちの方が強いのかもしれないですね。

 

 

面白かったり、役 に立ったと思ったら

クリックしてください。大喜びしちゃいます。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. さくら

    薫さん、こんにちは。いやあ、こんなに褒めてもらうと、日本人としては嬉しいですねー。日本人は勤勉で、誠実というイメージを、メキシコの人たちが持っているという印象は、私も受けましたよ。でも、そういう勤勉で誠実なメキシコ人の人たちもいっぱいいるわけで、モンテレイとかは発展してるんですけど、それをどう国全体に広げるかってとこなんでしょうね。

    私、1月にモンテレイの中学校で授業させてもらったときに、再生可能エネルギー(energía renovable) の分野で、日本はメキシコに目を付けているから・・・って言ってたら、その後、日本では福島の原発事故もあって、10月には、メキシコへの協調融資(1億ドル)の貸付契約も結ばれて・・・これから再生可能エネルギーを通じて、日本とメキシコが共同発展して行けば、本当に素晴らしいなと思いますよ。