メキシコ・オレオレ詐欺

メキシコからこんにちは。
薫です。

主人の祖母がオレオレ詐欺の標的になりました。

同居している主人の伯母が阻止したので、被害にはあいませんでした。

手口はどこも同じようですね。
ある日電話がかかってきて、「おばさん、オレだよ。おばさんの妹の息子だよ。」

「あー、⚪︎⚪︎のところの⚪︎⚪︎くん?」

「そうだよ、⚪︎⚪︎だよ。カリフォルニアから故郷に帰省するんだけど、ちょうど通り道だし、しばらく挨拶もしていないので寄らせてもらって、できれば一泊させてもらえないかな。」

「どうぞどうぞ、いらっしゃい。」

というわけで、その「甥っ子」が泊まりにくる日は、伯母も仕事を休み、泊まれるだけの用意やご馳走を準備して待っていたそうです。

そうしたら、例の「甥っ子」から電話が入りました。
「おばさん、メキシコ側に入ったんだけど事故ってしまって、人を殺しちゃった。」

「あら、事故起こしたの?それは大変ね。」

「そうなんだよ。今警察に拘束されているのだけれども保釈金として、2万ペソ支払わなくてはいけないんだ。今から銀行の口座番号を教えるから振り込んでくれる?助けてお願い。」

という流れだったそうです。
祖母が不安そうに「あら、事故起こしたの?」と言ったのを聞いて、伯母が他の受話器から聞いて気付いたそうです。

メキシコの家は広いので家の中に2、3電話が置いてあるのは普通で、3社会談とかできちゃいます。

というわけで、被害に合わなくて済みましたが、いやいや、オレオレ詐欺は世界共通の詐欺手口ですね。

皆さんも怪しい電話はすぐに切ってしまいましょうね。
お気を付けください。

では、また!応援よろしくね。confident.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
[`fc2` not found]
[`buzzurl` not found]
[`friendfeed` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
[`nifty` not found]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る