メキシコの医療と体調

img_0269-1.jpg

メキシコからこんにちは。
薫です。

さてさて、約1年間にわたり体調不良が断続的に続いておりました。

結局何が何だかわかりませんが、日本で知り合った内視鏡専門のお医者さんに相談したところ、抗生物質の乱用が原因ではないかと。のことでした。

確かに、お腹を壊すたびに、2、3種類の抗生物質を2週間ほど、多いときには1ヶ月ほどでしたが、飲まなくてはならなかったこととか考えるとその可能性も大きいです。

昔から、抗生物質を飲むと2日目にはお腹を下していたので、その可能性は大です。

そうして、メキシコに戻ってから、胃腸科へ行ったのですがそこの診断は、今まで食中毒と診断されていたのは、全て誤診だそうで、潰瘍性大腸炎かクローン病ということです。

理由は、善玉菌がほとんどないと検査で出ているから。だけど、抗生物質でも十分あり得る話なんだけど。と、素人的には考えてしまいます。

それにしても、必要もないのに大量の抗生物質を飲まされていたかと思うとゾッとします。

ただ、私としては抗生物質の乱用か、抗生物質のアレルギ-の可能性もあるので、そちらを探りたかったのですが、先生からは「保険はあるか?」「内視鏡検査のためにすぐに入院してください。」と言われ、こちらの話は聞く耳持たずでした。

モンテレイで一番の胃腸科の先生のはずですが。

いつもメキシコのお医者さんは重病から、軽傷に診断してくるので、あまり信用できず、菌活するのが一番かと思います。

過去には、肌荒れがひどく診察に行ったことがありますが、ほぼ問診もせずにエイズと診断され高いお金を払って検査を受けさせられたりしました。

というわけで、医者にかかるだけで身体を壊される可能性も高いので気をつけないと。

ただ、歯科はとても腕がいいのは確かです。そして、予防治療をしてくれるので助かります。
皆さんも気をつけてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る