メキシコでの交通ルール

20130610-123050.jpg

メキシコからこんにちは。
薫です。

メキシコで運転するのは、慣れるまで一苦労ですよね。
私も慣れるまでは毎日、寿命が縮む思いで運転しておりました。

私が住むモンテレイは特にメキシコの中でも運転マナーが悪くて有名です。
横入り、クラクション、パッシング、などなど多々あります。

そして、往々にして、運転が下手です。女性なんて、お姫様のように超わがままに育てられているので、
そのままのお姫様気取りの運転が多いです。

どういうものかというと、
車線変更や左折、右折の際に注意確認を行いません。
こちらで免許を取った友人が言っていましたが、ミラー確認は習わないそうです。


というわけで、運転をするときには、ちょっと怖いですが、次のことを試みてみましょう。

・前の車との車間距離を1台車が入れるかどうかの距離まで迫る。これは、大目にあけると、横入りされて、結果として車間距離が異様に詰まってしまうからです。
・車線変更の際に、ウインカーを出さない。これは、ウインカーを出すと、「入れるものか!」とばかりに、間を詰められて変更できなくなります。

そのほか、日本ではあんまりお目にかからない状況ですが、心にとめておかれるとよいかと思います。
・ロータリーは、先に中に入った車が優先です。
・右折は、赤信号でもほかの車の走行を妨害しなければ、右折可能です。
・赤信号でも、一車線だけ、黄色のボコボコでほかの車線と区分けがついているときは、信号に関係なく常に直進です。
・住宅街や学区域にあるトペと呼ばれるコンクリートの小さい突起が高めなときには、
 車を斜めに入れるので、周りとの距離に注意しましょう。
・クラクションは、ならされても、基本的には、「早く進め!」というものなので、
 気にすることはありません。
・あまりにもクラクションやパッシングがひどい場合には、道を譲りましょう。ケンカになります。
 こぼれ話ですが、うちの主人は、以前ケンカして、相手運転手が食べていたソフトクリームを投げつけられました。窓を開けていたため、見事に直撃で、情けない姿になってしまいました。^-^;
・パッシングもクラクションも自分からは鳴らさないようにしましょう。
 相手運転手はどんな人かわかりません。


・ちなみに、ケンカになりかけそうなジェスチャーは、あごをくいっと前に出して、両手のひらを空に向かってあげます。あごを何度か上に向けて動かすのは、挑発している行為です。「ケンカ売ってやろうじゃないか、え?のってくるか、おまえ?」という感じです。

こうなったら、反応しないのが一番です。先日、「どうぞ。」とうちの主人がジェスチャーで答えたのですが、ますます激昂させてしまったそうです。そうして前の車も、自分が挑発されていると思い、急ブレーキをかけ、激昂していた人は、激突する寸前だったとか。

普段は優しいメキシコ人も、ハンドルを握ると人格が変わる人が結構います。気を付けましょうね。











では、また!

応援よろしくね。confident.gif ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へにほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る