これは絶対道を譲りましょう

img_0897.jpeg

メキシコからこんにちは。
薫です。

今日は、出くわしたら「絶対避けて通るべき状況」についてです。

たまに、街中の交通量が多い時間帯でも、超高速で写真のこの車種が2台、3台続けて走っているのを見たことはありませんか?

しかも、これらの車の車間距離はないに等しいぐらい近く、絶対に他の車を中に入れません。

メキシコ人的考えだと、救急車や警察車が高速で走っていると「よしゃ!後に続け〜!」と一緒になってくっついていきますが、この車は避けた方が良いです。

たいてい車種は「スブルバンSuburban」(スペイン語読み)で、窓ガラスは黒塗りで、運転席の窓ガラスも半分ぐらいしか見えません。
車種は違っても似たデザインのSUVが多いです。

 

中に乗っている人は、下記のどれかです。
1. 一般人のお金持ち
2. 政治家
3. 犯罪組織関係者

ただ、共通しているのは誰かに「恨み」を持たれている人です。そういう理由から、近づかない方が無難です。
どれに本人が乗っているかはわかりませんが、付き添いの車はボディーガードが乗っています。

現在の州知事「ブロンコ知事」はガルシア市市長のころ、常にこの車3台ほどで行動しておりましたが、ある日襲撃を受けて車はほぼハチの巣状態になりました。それでも生き残った彼は強運ですね。

「恨み」はビジネス関係などでも持たれる状況を作らないことが1番ですが、作ってしまったら用心棒を従えましょう。ってのは冗談ですが、恨みを買わないのが一番です。

ということで、こういう車が猛スピードで移動している場合は、道を譲って離れましょう。

それにしても、個人的な意見ですが、存在に気づかれたくないのにこんなばれる行動をするのは、逆に「襲って。」といっているような気がしてならないのは私だけでしょうか。

では、また!応援よろしくね。confident.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る